古澤 満コラム私は子供のころからラマルクの“獲得形質の遺伝”に興味を持ち、進化を目の前で見ることが夢であった 古澤 満 古澤 満
 

クラー博士(Dr. Amar Klar)は、J. ワトソン博士の招きで、コールドスプリングハーバー研究所でポストドクとして過ごした時期があります。当初の優れた仕事に、出芽酵母の接合型転換に関する所謂“カセットモデル”の分子遺伝学的証明があります。その結果をヒントに、高等動物の大まかな枠組みを決定する基本機構としてSSISモデル(Somatic strand-specific epigenetic imprinting and segregation model, A. Klar, 1994) を提唱したことで知られています。即ち、発生のごく初期段階に1個の前駆細胞を仮定し、それが分裂する際に、細胞内で姉妹染色体の間でDNA鎖(ワトソン鎖/クリック鎖)の識別機構が働き、両娘細胞がエピジェネティックに違った細胞に決定・分化すると考えます。例えば、体の左右性はこのようにして決定されます。この前駆細胞を仮定することで、既に知られていたマウスの内臓逆位突然変異体(内臓逆位、致死=左左;右右の組み合わせ、正常個体)の出現頻度が見事に説明できるのです。そして、前駆細胞で働く体の左右を決定する因子として、左・右ダイニンに絞り込むことに成功しています。更に発展して、頭のつむじ(旋毛)の左右の巻き方の原因遺伝子や、精神疾患の原因推定にも及んでいます。SSISモデルの裏には彼の哲学が流れています。即ち、毎世代正確に繰り返す発生過程は、遺伝子の“on” “off”のような確率論的な機構だけではなく、DNAの2本鎖を識別するような決定論的機構によってより確実に担保されているに違いない、というコンセプトです。博士の天才たる所以です。クラー博士の仕事を意識してかどうかは分かりませんが、最近、J. ワトソン博士が20分講演の最後の5分間で、DNAの2本鎖認識が生命活動に重要であると指摘しています。興味のある方は以下のヴィデオをご覧ください( https://www.ted.com/talks/james_watson_on_how_he_discovered_dna?language=en)。

2週間前、突然クラー博士の死を知りました。まだ現役の69歳でした。今もインターネット上に博士の死を惜しむ声が止みません。アマールと最初に会ったのは2005年の3月中頃でした。当時ボルチモアのNIH(National Institutes of Health) に居られた洪実博士(現、慶応大・医学部教授)の紹介でNCI(National Cancer Institute、フレデリック) の彼の研究室を訪問し、不均衡進化論のセミナーを提供した時でした。同行した方々には、洪博士、留学中の川野光興博士とノンフィクションライターの最相葉月氏がおられました。セミナー後、アマールと私は意気投合し、夜遅くまで街でビールを飲みました。その時、2つの話題が出ました。1)2本のDNA鎖の物理化学的性質の差異をキーワードに、不死化DNA鎖モデル(J. Cairns, 1975)、SSISモデル、及び不均衡変異モデルを統一的に理解する内容の総説を書くこと。2)ケアンズ博士、クラー博士、古澤とワトソン博士を加えてミニシンポジュームを日本で開くこと。総説の方は、アマールの力を得て、私の名前でまもなく出版の運びとなりましたが(Furusawa, 2011, doi:10.4236/ojgen.2011.13014)、ミニシンポの方は実現不可能となってしまいました。

ところで、アマールの説は非常に難解なことでも有名です。私は上記総説を書いた時の彼とのやり取りもあって、なんとか理解することができました。アマールから、「他人が考えた難しい理屈をよく理解できたものだ」と褒めてもらったことがあります。きっと彼自身も、難解な説であることを自覚していたのでしょう。一方、アマールは、私のセミナーを聴いて不均衡進化論の概念を即座に理解したようです。それは私のセミナー後の司会振りを見て分かりました。最初に聴衆に向かって、「この説を聴いたことがある人は挙手してください」。誰もいないことを確かめると、「皆さんの中で、古澤説をサポートする考えや、関連する事実を知っている方は前へ出て黒板で説明してください」。数名の研究者がそれに答えてくれました。私の英語能力を察した上での配慮であり、何よりも、私が何を知りたいために遠くからわざわざやって来たかを、よく理解していることが分かりました。本当に聡明な方だなと感心しました。

ごく最近、御嬢さんの結婚が決まったので、奥様がインドへ贈り物を買いに帰国しているので、一人で家でワインを飲んでいる最中だと、酔っぱらって書いたメールが入ったばかりでした(冒頭のピンクのターバンの写真は、おそらく結婚式の時のものだと思います)。お互いの研究を尊敬し理解できる数少ない間柄だったのに、本当に残念です。今となってはご冥福を祈るばかりです。天才によく見られるような、気難しさやエキセントリックなころはなく、極めて朗らかで良く気が付く人物でした。近いうちに、きっとSSISモデルは証明されるでしょう。12年間という限られた期間でしたが、とてもいい議論ができたことを感謝しています。

2017年5月23日
古澤 満
古澤 満
バックナンバーはこちら

第1回 『進化と時間を考える』
第2回 『進化と時間を考える ― 続き ―』
第3回 『遺伝とDNA』
第4回 『エル・エスコリアル サマーコース』
第5回 『生物を支配する法則を探る ― 元本保証の多様性拡大 ―』
第6回 『生物を支配する法則を探る ― 保守と革新のカップリング ―』
第7回 『進化を目の前に見る事は可能か? ― @プロローグ ―』
第8回 『進化を目の前に見る事は可能か? ― A偶然の出会いときっかけ ―』
第9回 『目の位置』
第10回 『S氏の事』
第11回 『外国を知る』
第12回 『私とスポーツ ー野球・空手ー』
第13回 『私とスポーツ ースキー・ヨット・テニス―』
第14回 『大学での研究を振り返って』
第15回 『進化学と思考法』
第16回 『東電第一原子力発電所の事故と男の友情』
第17回 『体験的加齢医学』
第18回 『分子生物学の新しいパラダイム』
第19回 『往年の名テニスプレーヤー清水善造氏との出会い』
第20回 『芸術と科学』
第21回 『心に残った重大な出来事』
第22回 『自然科学と進化研究』
第23回 『ガードンさん、ジーンさんノーベル賞受賞おめでとうございます。
第24回 『競技場内研究者』
第25回 『文系と理系』
第26回 『人生ままならぬ』
第27回 『STAP細胞仮説は科学の仮説ではない』
第28回 『人は一生で2回以上死ぬ!?』
第29回 『多様性と進化のパラドックス』
第30回 『科学者としての父を語る』
第31回 『熱帯多雨林に多種類の生物が密集している理由』
第32回 『日本語で考える』
第33回 『私の人格形成過程を振り返って』
第34回 『タスマニア・クルージング』

印刷する

CLOSE

 

Copyright 2002-2013 Neo-Morgan Laboratory Inc. All Rights Reserved